効果的な広告を配布する

CMYK

集客率アップする

あまり一般的な言葉ではありませんが、フライヤー印刷という一種の業界用語をご存知でしょうか。どんな業界の用語であるかというと、ある種の印刷物に対して使われるので印刷業界が相応します。フライヤーとは和訳するとチラシとなりますが、新聞への折り込みやポスティングよりは街中で配布や店舗に置いてあることが多いです。元々は手に取って持ち帰ってもらうことを目的として作られたフライヤー印刷は、サイズがコンパクトであることが求められます。要はどんな商品やサービスがあるのかを知ってもらうために、始めた広告効果を持たせた印刷物です。大概の物が通販サイトで注文できるようになった近年ですので、フライヤー印刷もウエブサイトで依頼できるようになりました。最近では対応してくれるウエブサイトが多数増えたので、どんなサイトを利用すればよいのかが悩みの種です。同じくらいの料金を支払っても、サービスの内容が違うことを後で知ったらそれはもう仕事上の失敗になります。しかしウエブサイトでどんなに上手に宣伝されても、実際に提供してくれるサービスの質は分かりづらいです。フライヤー印刷を請け負ってくれるウエブサイトは多数あるので、各サイトを見比べてみるところから始めると勉強にもなります。まずは料金の比較やサービス内容を把握して、実績があるのかを調べてみましょう。実績について調べられない時には、最初の依頼は少量にしておけば出費を最小限におさえることができます。