メンズ

依頼のことを考える

フライヤー印刷は地域密着型のビジネスでよく活用されます。広告効果の高いフライヤー印刷を安価で依頼できるメリットはとても大きいです。価格が安価で対応が柔軟で信頼できる印刷会社に依頼する必要性はとても高いです。

詳しく見る

広告

業者ごとに価格が異なる

フライヤー印刷業者はたくさんあり、他にもチラシ印刷や名刺印刷なども行っていることがあります。業者によって費用が異なるので、無料見積もりを取っていくつか比較してみましょう。また、デザイン指定によっても費用は異なります。

詳しく見る

print

チラシ類の発注のコツ

宣伝目的や注文枚数などの条件に合わせて、フライヤー印刷のプランを選んだり、発注する業者を決めることが重要です。ウェブ上で入稿するサービスを使うときには、まず最初に対応しているソフトや、支払い条件をチェックするのがポイントです。

詳しく見る

印刷機

印刷発注時の注意

フライヤー印刷を発注する場合は完全な元原稿の作成と、印刷業者選びが大事です。ファイル形式や誤字、脱字なども十分にチェックし、完全原稿の作成を目指しましょう。印刷業者の選定はインターネット上の口コミサイトが便利です。

詳しく見る

CMYK

効果的な広告を配布する

他の店舗よりも目立ちたいし、集客率を上げたいと考えているのなら街中で配布しやすいフライヤー印刷をおすすめします。ウエブサイトで安価に請け負ってくれるところは多数ありますが、仕事内容はバラツキがあるので吟味してから依頼してください。効果が大きい広告で、顧客を増やしましょう。

詳しく見る

フライヤーを作りましょう

婦人

データの作成と発注

フライヤー印刷を頼む準備の第一段階として、元となるデータを作成しなければなりません。一枚物のチラシから冊子形式のカタログに近いフライヤーまで、一口にフライヤーと言っても形式は様々です。印刷所のサイトにアクセスをするとテンプレートを配布しているところが多いので、それをダウンロードして自分の作りたいイメージを掴んでみましょう。そのまま作成できる場合は自分でデータを作成します。自分でデータを作成できない場合は、印刷所にイメージを伝え作成してもらうことも可能ですが、その場合は別途料金が発生しますので注意してください。リテイクも増えるたびに料金がかかると考えておくと良いでしょう。デザインが決まったらいよいよフライヤー印刷の申し込みです。一般的にはショッピングカート形式で発注をするので、わかりやすいと思います。支払い方法はクレジットカード、銀行振込などを用いた先払いが多いので、事前に準備しておきましょう。必要事項の入力が済んだら、フライヤー印刷のデータをアップロードします。アップロードの仕方も印刷所により違いがありますので、申込み要項を事前にチェックし、必要なファイル形式で保存をしておきましょう。無事にアップロードが完了したら終了です。納期は最短で翌日となっている印刷所も多いので、価格と納期で数社を比較してみるのもいいでしょう。最近ではフライヤー印刷だけではなく、オプションでポスティングまでしてくれる印刷所もあります。自分にとってメリットのある印刷所を選んでください。